コンクリートは打設してから強度が出るまでの間は養生が必要!

コンクリート工事

コンクリートは打設してから

強度が出るまでの間は養生が必要!

 

コンクリートは、主要材料であるセメントの水和反応により強度が発現して硬化します。

 

温度条件や乾燥による水分の不足によって十分な反応が行われず、強度が期待するほど発現しないことがあります。

 

コンクリート打ち込み後、養生マットまたは水密シートにより被覆、散水、噴霧養生などによる湿潤養生を行います。

 

養生期間

 

セメントの種類 一般及び標準 長期
早強ポルトランドセメント 3日以上 5日以上
普通ポルトランドセメント 5日以上 7日以上
その他のセメント 7日以上 10日以上

 

湿潤養生期間に関わらずコンクリートの圧縮強度が下表を満足することが確認されれば湿潤養生を打ち切ることができます。

 

養生が不要になる強度

 

セメントの種類 一般及び標準 長期
早強ポルトランドセメント 10以上 15以上
普通ポルトランドセメント

 

寒冷期においてはコンクリートを寒気から保護し、打ち込みが少なくとも5日以上はコンクリート温度を2度以上に保たなければなりません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました