防火材料は、不燃材料、準不燃材料、難燃材料の3つに分類されます。

建築の知識

防火材料は、不燃材料、準不燃材料、難燃材料の

3つに分類されます。

 

不燃材料、準不燃材料、難燃材料について解説します。

 

不燃材料

 

通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後20分間以下の3つの要件を満たす材料

 

・燃焼しないこと

・防火上、有害な損傷(変形、溶接、き裂など)を生じないこと

・避難上、有害な煙またはガスを発生しないこと

 

  1. コンクリート
  2. れんが
  3. 陶磁器質タイル
  4. 繊維強化セメント板
  5. 厚さが3mm以上のガラス繊維混入セメント板
  6. 厚さが5mm以上の繊維混入ケイ酸カルシウム板
  7. 鉄鋼
  8. アルミニウム
  9. 金属板
  10. ガラス
  11. モルタル
  12. しっくい
  13. 厚さが12mm以上のせっこうボード(ボード用紙原紙の厚さが0.6mm以下のものに限る。)
  14. ロックウール板
  15. グラスウール板

 

準不燃材料

 

通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後10分間以下の3つの要件を満たす材料

 

・燃焼しないこと

・防火上、有害な損傷(変形、溶接、き裂など)を生じないこと

・避難上、有害な煙またはガスを発生しないこと

 

第1

  1. 不燃材料のうち通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後20分間建築基準法施行令第108条の2各号に掲げる要件を満たしているもの
  2. 厚さが9mm以上のせっこうボード(ボード用紙原紙の厚さが0.6ミリメートル以下のものに限る。)
  3. 厚さが15mm以上の木毛セメント板
  4. 厚さが9mm以上の硬質木片セメント板(かさ比重が0.9以上のものに限る)
  5. 厚さが30mm以上の木片セメント板(かさ比重が0.5以上のものに限る)
  6. 厚さが6mm以上のパルプセメント板

 

第2

  1. 不燃材料
  2. 第1第2号から第6号までに定めるもの

 

難燃材料

 

通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後5分間以下の3つの要件を満たす材料

 

・燃焼しないこと

・防火上、有害な損傷(変形、溶接、き裂など)を生じないこと

・避難上、有害な煙またはガスを発生しないこと

 

第1

  1. 不燃材料のうち通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後10分間建築基準法施行令第108条の2各号に掲げる要件を満たしているもの
  2. 難燃合板で厚さが5.5mm以上のもの
  3. 厚さが7mm以上のせっこうボード(ボード用原紙の厚さが0.5mm以下のものに限る。)

 

第2

  1. 準不燃材料
  2. 第1第2号および第3号までに定めるもの

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました