家づくりで失敗しないためには、たくさん情報を集めて比較する!

住宅購入

家づくりで失敗しないためには、たくさん情報を集めて比較する!

 

 

家づくりについて、プロのまかせておけば大丈夫という考えはダメです。

 

人まかせにしていて、家が完成していくとだんだんイメージと違うところがでてきて

 

後から、「ああすればよかった」、「こうすればよかった」と

 

後悔しても取り返しがつきません。

 

失敗しないためやってはいけないこと

 

 

  • 家づくりの知識がないのまま、マイホームづくりに挑んでしまう
  • 初めから一つの建築業者を選んでしまい、他の多くの建築業社との比較をしない
  • 建築業者の言いなりになってしまい、良いお客さんになってしまう

 

家づくりの知識がないのまま、マイホームづくりに挑んでしまう

 

なぜ、家づくりの知識が必要なの?と思う方が多いと思います

 

まず、下準備として建築業者を選ぶときにある程度、自分たちのマイホームに理想をイメージできていないと間取りが作れません。

 

マイホームの理想のイメージができるようになるには、パンフレットやモデルハウスを見学して、気に入った間取りを見つけて、そこからオリジナルの要素をプラスしていくと良いと思います。

 

下準備として、自分たちがマイホームに対する理想やこだわりやイメージをきちんと理解して建築業者に話すことができるようにしましょう。

 

家づくりで何から始めたらいいのかわからない?を解決する方法

 

初めから一つの建築業者を選んでしまい、他の多くの建築業社との比較をしていない

 

人気がある、知り合いがオススメしている、知り合いが勤めているなどの理由で、始めから一つの業者を選んでしまうと後悔する場合があります。

 

建築業者を選ぶときに、設計事務所か工務店かハウスメーカーのどこに依頼するかで大きく内容が変わってくるのでメリット・デメリットを並べて自分たちに合う所を選びましょう。

 

とくにハウスメーカーを選ぶ時はメーカーごとに商品が決まっているので、構造体について木造と鉄骨どちらがよいか?断熱のグレードはどの程度か?などメーカーによってさまざまで、坪単価も使用する材料で変わってきます。

 

とても手間のかかることですが、いろいろな建築業者の資料を取り寄せて調べることが大切です。

 

ある程度いろいろな資料を見ていると、自然に気になることや疑問が出てくるようになります。

 

気になることや疑問はどんどん建築業者に質問しましょう。

 

質問することで、建築業者が建築知識のある信頼できる人かどうか?自分たち要望を叶えるように努力してくれるか?などの判断ができます。

 

建築業者を選ぶことが家づくりの中で一番重要です。

 

建築業者を選びですべてが決まります。

 

たくさんの建築業者を調べて、信頼できる業者を見つけましょう。

 

建築業者の言いなりになってしまい、良いお客さんになってしまう

 

家づくりの知識がなかったり、一つの建築業者としか交渉していないお客さんは、建築業者にとって、自分たちのやりやすいように仕事ができるわけですから良いお客さんです。

 

マイホームは、一生に一度の大きな買い物で大金を払うわけですから、信頼できる建築業者を選んで、自分たちの要望を聞いてもらって、理想のマイホームをつくりましょう。

 

たくさん情報を集めて比較することが大事

 

 

土地、建築業者、間取り、屋根材、外壁材、内装材、外構など、家づくりの中で決めなければならないことがとても多くてとても手間がかかります。

 

それぞれのことを決めるときには、建築業者に聞いたり自分で調べたりして情報を集めて、メリットとデメリットを比較して物事を決定していくことが大切です。

 

とても手間のかかることですが、たくさんの情報の中から自分で納得して選んでください。

 

今はインターネットで簡単に情報が手に入る時代なので、たくさん情報を集めてより良いマイホーム計画をしましょう。

 

 

家づくり準備で必要な知識がわかる記事

 

家づくりで何から始めたらいいのかわからない?を解決する方法
家づくりで始めにすることは、あなたが家族で過ごすマイホームをどのようにしたいかイメージをつくることです。 実際にモデルハウスを見学するのが一番わかりやすいですが、まずは、手軽にたくさんの資料を集めてみると効率がいいです。

 

住宅購入前に決めておく4つのポイントと住宅購入の6つの方法を解説
住宅購入において、たくさんの選択肢があってなにを選ぶべきかわからなくなってしまったり、つい欲を出してしまって予算オーバーしてしまったりします。 住宅購入で後悔しないために、住宅購入前に決めておくとよいポイントとライフスタイルあった住宅購入の方法について解説します。

 

住宅購入にかかる費用のすべて!総額の目安となる頭金、税金、ローン
住宅購入に関する不安で一番多いことは予算や費用やお金にかんすることです。 総額の目安がわかるように、住宅購入を進める中でのお金の支払いの流れ、頭金、税金、ローンの事を解説します。

 

家を安く建てるために大切な3つのこと!無料サービスの利用方法
快適な家を安く建てるために大切な3つのこと 複数の会社に間取りプランを依頼してより良い会社やプランを探す 複数の会社に見積りを依頼して適正価格を把握して値下げ交渉の材料を探す 信頼できる会社、担当営業マンを見極める

 

住宅の設計に必要な知識がわかる記事

 

一級建築士が考える!注文住宅で失敗しないための間取りの基本知識!
家づくりは一生に一度の大きな買い物なので、間取りについて住宅メーカー任せにしないで自分で考えを持つことが大切です。 家づくりの間取りについて絶対に抑えておきたい基本の知識を解説します。

 

プロが考える!住宅の予算オーバーしないためのコストダウンのポイント
家づくりの中で、ついつい予算オーバーといることは、よくあることですよね。限られた予算の中で理想の家を建てるために、できるだけコストを削減する! 家族のこだわりの部分に予算をあてて、世界に一つの理想のマイホームを手に入れましょう。

 

確認申請が必要な建物とは!確認申請の流れと内容をわかりやすく解説!
自分の土地に自分のお金で家を建てるのになぜ他人にとやかく言われなければいけないんだろうと思うかたが多いのではないでしょうか。確認申請が必要な建物とはどのようなものか。確認申請の流れと内容をわかりやすく解説します!

 

地盤調査・地盤改良・基礎工事の知識がわかる記事

 

建物を建てるためには地盤調査が必要です。地盤調査の方法について解説
建築物を建てる際には建設地の地盤を調査して、建築後に地盤沈下が起こらないように軟弱地盤であれば対策しなければなりません。 建物を建てるのに必要な地盤調査の種類ついて標準貫入試験、スウェーデン式サウンディング、平板載荷試験、表面波探査試験の4つ解説します。

 

住宅建築で地盤改良が必要な場合!地盤改良の3つの工法について
地盤調査の結果地盤が弱いと判断された場合、時間が経過による地盤沈下、地震による液状化などで建物が倒壊しないように住宅の地盤を強化ししなければなりません。 どのようなときに地盤改良が必要なのかと、地盤改良の工法について解説します。

 

建物を支える3つの基礎について、ベタ基礎、布基礎、独立基礎を解説
建物基礎は地盤と建物の間にあるもので建物を支える大切な役割があります。 ベタ基礎、布基礎、独立基礎の3種類の基礎を解説します。

 

建物の構造的な知識がわかる記事

 

建築工法の種類!木造、鉄骨造、コンクリート造の3つの工法について
建築工法について大きくわけて、木造、鉄骨造、コンクリート造の3工法があり、木造の在来工法とツーバイフォー工法について、鉄骨造の重量鉄骨造と軽量鉄骨造について、コンクリート造の鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、プレキャストコンクリートについて解説します。

 

断熱工法の基本的な知識。屋根、天井、壁、床の断熱の方法を解説。
住宅建築に欠かせない断熱材について断熱効果、施工性、費用のことを断熱工法や住宅の部位によってそれぞれの特徴を理解して断熱工法、断熱材の選ぶことが大切です。 充填断熱と外張り断熱の違いや、屋根断熱と天井断熱の違いについて、屋根、天井、壁、床の断熱の工法や断熱材の特徴について解説します。

 

屋根材・外壁材・内装材・断熱材の知識がわかる記事

 

7種類の屋根形状について! 特徴とメリットとデメリットを解説します。
屋根の形状について、ロフトを作るか、吹き抜けがいるかなど機能的な事や、屋根の材料との相性、将来的なメンテナンスの計画性、雨漏り強いかどうかなどを総合的に考えていくことが大切です。7種類の屋根の形状について解説します。

 

家づくりに必要な屋根材の選び!4種類の屋根材について解説します。
住宅を建てる時に屋根材にこだわる人は少ないように感じますが屋根は住宅にとって重要です。 屋根材選びは、色や形などのデザイン以上に、耐震性、耐久性、メンテナンス性、を重視して選ぶことが大切です。

 

住宅の外観、室内の快適性に関わる外壁の種類を5つ解説します。
外壁材選びは、住宅の外観のイメージ、室内の快適性、住宅の維持費用などが関わる大きな問題です。 外壁材の種類と特徴とメリットデメリットを解説します。

 

家づくりに使われる内装ボード材2種類と仕上げ材5種類をまとめました
一般的な住宅で取り入れられる内壁のボード材はほとんど石膏ボードが使用され軒裏部分などにはケイカル板が使用されます、仕上げ材はほとんどがクロス(壁紙)ですが、その他の塗壁、木質系、タイル、パネル材など多種多様な素材があります。

 

家づくりに必要な住宅に使われる5種類の床材についてのまとめました。
住宅に使われる床材として多いのが、フローリング、タイル、畳、カーペット、クッションフロアです。 各室の用途や使い勝手など考慮して生活する上での快適性や掃除やメンテナンスのしやすさなどを知ったうえで床材を選ぶことが大切です。

 

住宅の断熱材選び!種類、断熱性能、耐久性、防火性能、費用ついて解説
住宅と建てるときに選択しなければならないものの一つに断熱材があります。 断熱材を選ぶうえで重要な要素は断熱性、耐久性、防火性、費用です。 残念ながら全ての要素を満たしている製品はありません。 断熱材の知識を得て自分になにが重要なのかを考えて断熱材を選びましょう。

 

住宅の設備の知識がわかる記事

 

トイレ!災害時に使えコスパの良いタンク式と見た目が良いタンクレス
トイレには、タンクがついたタンク式トイレと、トイレのタンクのないタンクレスのトイレがあります。 便座の機能や便器の加工に違いはほとんどないので、タンク式トイレとタンクレスの違いを理解してトイレ選びをしましょう。 タンク式トイレとタンクレストイレのメリットとデメリット解説します。

 

ガラスとサッシの組み合わせ!8種類のガラスと3種類のサッシの解説
ガラスとサッシの組み合わせについて断熱性の有無や防火性、防犯性、プライバシーの配慮、費用などを考慮しなければなりません。 ガラスの種類の8つとサッシの種類の3つのメリット・デメリットについて解説します。

 

ハウスメーカーの知識がわかる記事

 

ハウスメーカー選びで失敗しないために考えておくべき5つのポイント
家づくりで後悔しないために考えておくべきことは大きく分けて、安全性、快適性、計画性、になります。これらを満たすために耐震性・耐火性、防火性能、断熱性能、省エネ、保証制度の5つのポイントに分けることで、ハウスメーカーが比較しやすくなります。

 

一級建築士が比較する!ハウスメーカーの構造(木造、鉄骨造)や工法
住宅選びで構造や工法に関することは一番大切なことです。 ホームページやパンフレットに書いてあるけれども分かりづらいハウスメーカーの構造や工法を比較しやすいようにまとめました。

 

まとめ

 

 

家づくりするなかで、あなたが選ばなければならないことが無数にあります。

 

いざ、家づくりがスタートすると、「来週までに〇〇を決めてください」と言われてドタバタしながら選ぶことになりかねません。

 

あらかじめ、資料をたくさん見て、質問したりインターネットで調べたりして、情報を集めて知識を身に着けておくとメリットとデメリットを比較しながら考えることができます。

 

家づくりの過程で、いろいろ悩んだり、考えたりすることも

 

いい思い出になるので、家づくりの過程も楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました