ハウスメーカー選びに重要な5つのポイント! タマホーム 編

ハウスメーカー

タマホームの工法、防火性能、断熱性能、

省エネ、保証制度のまとめ

 

 

タマホームの耐震性と耐久性、防火性能、断熱性能、省エネ、保証制度についての5つのポイントについて、プロが第三者の目線でパンフレットやホームページの内容を中心にまとめました。
 
 
 
 

耐震性と耐久性

 

  • 木造軸組在来工法を採用
  • 構造材には集成材を使用
  • 耐力壁は構造合板使用
  • 継手は金物接合
  • ベタ基礎を採用

 

木造軸組在来工法

 

 

引用:タマホーム公式ホームページ  

 

柱と梁で構成されるこの建築方法は、設計の自由度が高く、伝統的な技に現代の高度な建築技術と独自の木材流通・品質管理システムをプラスすることにより、高性能な住宅を実現します。  

 

シロアリを寄せ付けにくい、耐久性に優れたヒノキ土台を採用し、柱には安定した強度を持つ集成材を採用しています。

 

集成材は複数のラミナを接着剤で接着させたものなので、接着材の対応年数が構造材の対応年数といえます。

 

接合部は金物接合

 

 

引用:タマホーム公式ホームページ  

 

金物接合をすることで、通し柱の削り取り部分を最小限に抑えて柱の断面欠損が小さくなり、梁仕口のせん断面強度が大きくなります。

 

金物接合することで、構造材の架構や組立が容易にできるようになり、職人の技量に左右されずに施工ができます。

 

家全体を一体化する耐力面材

 

 

引用:タマホーム公式ホームページ  

 

筋交をバランスよく配置し、接合性能と強度の高い構造用耐力面材を土台や柱、梁へ直接張ることで、地震や暴風に対する強度が上がります。  

 

四方を囲む耐力面材によって、外部からの力を建物全体へ分散させ、高い耐震性を確保します。  

 

1階と2階の床には、剛床工法を採用。24mmの構造用合板を土台や梁に直接留めつけて、床全体を一体化します。  

 

外壁、床、屋根に構造合板を使用することで、地震が発生した際に水平荷重を建物全体の“面”で受け止め、バランスよく分散できます。

 

ベタ基礎工法

 

 

引用:タマホーム公式ホームページ  

 

建物を底面全体で支えることで不動沈下を起こしにくいベタ基礎を標準採用しています。

 

防火性能

 

不燃材料に認定された外壁材を使用

 

 

引用:タマホーム公式ホームページ  

 

外壁には、火に強い不燃材料に認定された外壁材を標準仕様として採用しています。

 

   万一、隣の家で火災が発生した際でも、もらい火や火の粉の影響を受けにくく、ご家族と住まいをしっかりと守ります。  

 

構造材である木は燃えやすいと思われがちですが、木の炭化作用によって鉄より強度の低下が遅くなります。

 

断熱性能

 

 

引用:タマホーム公式ホームページ  

 

断熱材の仕様
  • 壁と天井にグラスウール
  • 床にポリスチレンフォーム

 

地域に対応した断熱材を使用し、断熱等性能等級4(最高等級)をクリアした高い断熱性と気密性を確保します。  

 

省エネ

 

エコキュート

 

エコキュートは、気体(CO2)を圧縮して出た熱を取り出すヒートポンプという機械を使ってお湯を沸かすシステムです。  

 

エコキュートの特長は、時間をかけてゆっくりとお湯を沸かしていく点で、昼間に比べて割安な深夜電力を利用することで、大幅なランニングコストの削減を実現できます。

 

保証制度

 

  • 無料点検 10年
  • 初期保証 10年

 

引用:タマホーム公式ホームページ

 

 

現在日本では品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の施工により、事業者は瑕疵に対する10年間の住宅瑕疵担保責任を負っているので10年は構造躯体と雨水の侵入を防止する部分について保証されます。
 

まとめ

 

構造、防火、断熱の性能が必要最小限のシンプルな仕様

 
 
構造については
  • 木造軸組工法
防火性能
  • 不燃材を使用

断熱性能

  • 壁・天井にグラスウール、床にポリスチレンフォーム

 

構造、防火、断熱の性能が無駄のないシンプルな仕様なので、コストパフォーマンスが良ければタマホームを選ぶべきポイントになると思います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました