ハウスメーカー選びに重要な5つのポイント! パナソニックホームズ 編

ハウスメーカー

パナソニックホームズの工法、防火性能、断熱性能、省エネ、保証制度のまとめ

 

 

パナソニックホームズの耐震性と耐久性、防火性能、断熱性能、省エネ、保証制度についての5つのポイントについて、プロが第三者の目線でパンフレットやホームページの内容を中心にまとめました。
 
 
 

耐震性と耐久性

 

  • 軽量鉄骨のHS構法とF構法には制震構造で地震力に対応
  • 重量鉄骨のNS構法は強度の高い鉄骨部材を使用

 

制震鉄骨軸組構造(HS構法)

 

高層ビル建築で採用される制震技術を住宅用に開発し、強さと自由性を実現。

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

耐力壁「アタックフレーム」

アタックフレームは、引張と圧縮の両方で揺れを低減することで、地震の大きな力が繰り返し加わっても建物の損傷を最小限に抑えます。

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

 

大型パネル構造(F構法)

 

構造体全体で地震の力を受け止め、バランス良く分散し、優れた耐震性を発揮。

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

モノコック構造

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

モノコック構造は、地震や台風などの外力を、面全体で受け止め、建物全体にバランスよく分散し、優れた耐震性を発揮します。

 

高耐力のパワテックパネルとアタックフレームを最適配置することで、大空間や吹き抜けなどにも対応できます。

 

パワテックパネル/アタックフレーム

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

パワテックパネルは、構造用面材を鋼製フレームにビス止めして、ゆるみが少なく安定した構造にしています。

 

パワテックパネルは、震度5(弱)程度の地震力を受けた時の建物の高さに対する変形量は1/400程度で、建築基準法(施行令)で定められた変形量1/200の基準よりはるかに小さくなっています。

 

建物内部の間仕切部分にはアタックフレームを採用することで、地震エネルギーを吸収し、安定した強度を保ち続けます。

 

パワテックパネルとアタックフレームを間取りにあわせてバランスよく配置することで、耐震性を確保しながら、さまざまなプランニングが可能になります。

 

 

地震や台風など水平方向の力に対して鉄骨造ではブレス(筋交いの鉄骨版)で対抗するのですが揺れに対して負荷がかかって変形してしまうと元に戻りません。アタックダンパーは揺れの軽減と変形しても元に戻る点でメリットがあります。
 
制震装置について気を付けるべき点は、制振装置は通常壁の中に入ってしまうものなので、制震装置の対応年数とメンテナンスの方法の確認が必要です。
 

重量鉄骨ラーメン構造(NS構法)

 

独自のボルト構法により、 強さ、空間対応力、高層化を両立して3〜9階建まで対応が可能

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

高層ビルにも採用されている純ラーメン構造に独自の技術を加えて開発されました。

 

高力ボルト接合

 

接合部分は精度が安定しにくい現場溶接工事をなくし、スプリットティーによる高力ボルト接合を採用しました。

 

カーテンウォール工法を採用

 

工場で生産された外壁パネルをトラックで現場に運び、現場ではクレーンを使って架構体に取り付けていくため、工期を短くできます。

 

外壁は、超高層ビルと同じ考え方のカーテンウォール工法を採用することで、地震の横揺れやねじれにも柔軟に追従します。

 

ワイドスパン設計

 

重量鉄骨造は柱と梁だけで建物を支えることができるので、軽量鉄骨造や木造に比べて柱と柱の間隔を大きくとることができます。

 

大きなオーバーハング

 

オーバーハングとは、建物の上部を張り出してその下を軒付の空間にする設計のことです。

 

張り出しは3.6mまで可能で、2階部分を張り出せば出し入れのしやすいオープンガレージになります。

 

重量鉄骨は通常接合部にダイアフラムという接合部を補強する構造が使われ柱と梁を接合しますが、NS構法は接合部分の補強が無いので、一般的重量鉄骨より施工や加工が容易にできますが、接合部の強度は弱くなります。
 

耐久性を保つため、防錆、防水、防湿を徹底。

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

タイル外壁

 

高温で焼き上げたタイルは、汚れや紫外線による影響をほとんど受けず、色あせやひび割れにも強さを持ち合わせています。

 

セルフクリーニング効果と空気浄化機能をあわせもつ光触媒タイルキラテックシリーズと、ナノ親水効果できれいが長持ちするテスタシリーズがあります。

 

鉄骨の防錆処理

 

パナソニック ホームズの防錆は、高いレベルの耐久性を確保した塗装をしています。

 

柱と梁には水や酸素を確実に遮断する粉体塗装を、外壁(外装パネル)を構成する枠材、アタックダンパーの斜材プレートや鋼製束、鋼製大引には腐食しにくい合金めっき処理を施しています。

 

防火性能

 

自社開発のNTC外装材を使用

 

外壁にNTC外装材を使用

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

NTCは、セメントなどに特殊繊維を複合させた外装材です。

 

高温・高圧の窯でオート クレーブ養生した製品なので、乾燥や熱による寸法変化を抑制でき、温度や湿度変化、経年変化による寸法の伸縮を大幅に低減し、強度はもちろん、防火性・耐凍害性に優れています。

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

外部から火の手がせまっても外壁の内側の表面温度は可燃物燃焼温度まで上昇しにくい防火構造になっています。

 

3m離れた隣家より出火した場合、外壁表面は840℃にも達しますが、国土交通省の指定性能評価機関での防耐火試験において、基準を大幅に下回る結果で合格しました。

 

屋根茸材や軒裏にも不燃材を採用し、近隣からの延焼の防止に効果を発揮します。

 

断熱性能

 

屋根断熱で全体を断熱して地熱を利用

 

家全体を高性能断熱材で包み、地熱を活用する断熱

 

屋根断熱で家全体を断熱しています。

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

自然の力である地熱の効果でベース空間(床下)は、一年を通して外気に比べ、温度が安定してます。

 

ベース空間(床下)の空気を取り込むことで冷暖房負荷の低減を図っています。

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

省エネ

 

太陽光発電システムと蓄電池システムとコントロールパネルの利用

 

創蓄連携システム

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

 

パナソニック ホームズの創蓄連携システムは、太陽の自然エネルギーを電気に変えて暮らしに活かす太陽光発電と電気を蓄える蓄電池のふたつを連携さるシステムです。

 

万一の停電のときも、昼間は太陽光発電で創った電気、夜間は蓄電池に蓄えておいた電気が使えるので安心です。

 

Home IoT

 

パナソニックの「AiSEG2」が自動でエアコンを節電運転したり調理の火力を調節したり、ムリせずかしこく節電し、エアコンや照明、電動シャッターなど、さまざまな対応機器の遠隔操作が手元で可能です。

 

電気の使用量や発電・売電量をはじめ、ガスや水道の使用量、湯量などを「見える化」するので、家族の省エネ意識も高まります。

 

パナソニックの機械メーカーの技術を生かすことができる。

保証制度

 

  • 無料保証 構造躯体20年・防水15年
  • 無料点検 20年

 

 

20年あんしん初期保証(構造躯体20年・防水15年)

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

20年あんしん初期保証の場合は20年目まで無料点検

 

引用:パナソニックホームズ公式ホームページ

 

35年あんしん初期保証(構造躯体35年・防水30年)については引渡しの日から19年経過後20年満了するまでの間に、有料メンテナンス工事(シート防水の全面増し貼り・外部露出目地のシーリング打替え)を実施することが条件となります。
 

 

現在日本では品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の施工により、事業者は瑕疵に対する10年間の住宅瑕疵担保責任を負っているので10年は構造躯体と雨水の侵入を防止する部分について保証されます。
 

まとめ

 

パナソニックの機械メーカーの技術
 
構造については
  • 軽量鉄骨の制震構造
  • 重量鉄骨造
防火性能
  • 自社製品のNTC外装材
断熱性・省エネについて
  • 屋根断熱で家全体を断熱
  • 太陽光発電システムと蓄電池システムとコントロールパネルで省エネ

 

太陽光発電システムや蓄電池やHome IoTなどのパナソニック製品を生かした家づくりがパナソニックホームズを選ぶべきポイントだと思います。
 
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました