ハウスメーカー選びに重要な5つのポイント! 三井ホーム 編

ハウスメーカー

三井ホームの工法、防火性能、断熱性能、

省エネ、保証制度のまとめ

 

 

三井ホームの耐震性と耐久性、防火性能、断熱性能、省エネ、保証制度についての5つのポイントについて、プロが第三者の目線でパンフレットやホームページの内容を中心にまとめました。
 
 
 

耐震性と耐久性

 

  • 枠組壁工法(ツーバイフォー)工法採用
  • 基礎はベタ基礎
  • 屋根・外壁・2階床が、独自の工法

 

プレミアム・モノコック構法

 

基礎・床・壁・屋根の6面体を1単位として空間をつくる枠組壁工法(ツーバイフォー)に、マットスラブ、BSウォール、ダブルシールドパネル等の三井ホームオリジナル技術を加えた最新構法です。

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

屋根面、壁面、床面、基礎面の4つの面で固定することで強度を確保しています。
 
建築工法に枠組壁工法(ツーバイフォー)

 

枠組壁工法(ツーバイフォー)は、地震力や風圧の水平力に対して面で対抗します。

 

三井ホームの構造材は、寒く過酷な自然環境に育まれ年輪が緻密で高強度なカナダの木を使用しています。

 

一般的なツーバイフォー工法に使われるホワイトウッド、SPF材は年輪が荒いので強度が弱くなります。
マットスラブ

 

基礎形式にベタ基礎を採用することで、建物全体の面積で荷重を負担しています。

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

BSウォール

 

ブロック・アンド・シームレスウォールは、耐火性、遮音性、防水性、対衝撃性など、住まいを守るさまざまな性能をハイレベルに備えています。

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

ダブルシールドパネル

 

ダブルシールドパネルは断熱性能と高い構造耐力を両立させた建材です。

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

屋根そのもので日射熱を遮断し、小屋裏に熱がこもることがありません。

 

2.4トンの荷重に耐える高い強度で、住まいを守ります。

 

トラスフロア

 

トラスフロアは、三角形のトラス構造が地震などの大きな力にも対応します。

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

トラスの間に電気配線、空調ダクトなどを通せるため、すっきりとした天井を実現します。

 

防火性能

 

  • 構造体の木は火災で、短時間での強度低下がしにくい
  • モルタル下地の外壁は防火性が高い

 

木は鉄よりも火に強い

 

鉄骨は、高温で熱せられ、550℃を超えると急速に強度が低下してしましますが、木は、火にあぶられても表面が炭化し、火の進行を遅らせ、強度低下を抑えます。

 

BSウォール

 

一般的なサイディング外壁は外部からの火災に対し30分または45分耐えうる性能を持つものがほとんどですが、三井ホームのは、極めて耐火性に優れ、外部からの火災に対し60分以上耐えうる外壁です。

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

継ぎ目がないので、外部からの熱や音の侵入を徹底的に抑制し、見た目も美しい外壁です。

 

モルタル下地の外壁は不燃材で、目地が無いので防火性能が高いです。
 

断熱性能

 

  • 屋根断熱で家全体を断熱
  • 耐火性・耐水性のあるロックウールを採用
  • アルミクラッド樹脂サッシを採用

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

屋根 ダブルシールドパネル 160㎜厚

外壁 ロックウール 140㎜厚

床  ビーズ法ポリスチレンフォーム 80㎜厚

サッシ アルミクラッド樹脂サッシ+高遮熱LOE-E複層ガラス

 

屋根 ダブルシールドパネル

 

ダブルシールドパネルは、ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)を、広葉樹のチップを集成した強固な面材(OSB)で両面接着したサンドイッチ構造の建築部材です。

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

屋根断熱なので小屋裏まで断熱できて小屋裏空間の利用も可能になります。
 
外壁 ロックウール

 

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

外壁の枠組に2×6材を使用することにより、従来の約1.6倍の、より厚い140mmの断熱材が充填され、より高い断熱性を確保します。

 

ロックウールは、一般的なグラスウールより約1.3倍も断熱性が高く、さらに、耐水性や耐火性、施工性にも優れた素材です。

 

通常の2×4より大きい2×6にすることで壁により厚みのある断熱材が使用できます。

 

サッシ

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

室内側のサッシ枠に、熱伝導率がアルミの1/1000の樹脂を用いたアルミクラッド樹脂サッシを採用して高い断熱性で冬の結露発生を抑えます。

 

サッシの室外側ガラスの内面に特殊金属膜をコーティングし、また2枚のガラスの間には、乾燥空気よりも熱を伝えにくいアルゴンガスを充填した高遮熱Low-Eガラスを採用します。

 

省エネ

 

  • 高気密高断熱の全館空調システム
  • 全館空調システムと太陽光発電システムを併用

 

高気密高断熱の特性を生かした全館空調システム

 

全館空調システムのスマートブリーズは、1台で家じゅうすみずみまで換気し、快適な温度と湿度を24時間保ち、独自のスケジュール運転機能によって、運転モードと温度・湿度調節が時間帯に分けて設定できます。

 

スマートブリーズの高性能フィルターは、ホコリだけでなく花粉やカビの胞子、健康被害が心配されている「PM2.5」の流入も防ぎます。

 

スマートブリーズと太陽光発電を組み合わせ、空調エネルギー収支ゼロに

 

太陽光発電システムで発電した電力は、冷暖房から給湯、家電にまで使え、環境負荷を低減して光熱費を節約します。

 

引用:三井ホーム公式ホームページ

 

全館空調システムは家じゅう空調を一日中するシステムですが、個別のエアコンは部屋ごとに個別エアコンを使用する従来のシステムです。個別エアコンのランニングコスト(常に全室のエアコンつけっぱなし)と全館空調システムのランニングコスト(家じゅうに常に空調)を比較するのは意味がないことです。

 

エネルギーの見える化

 

家庭内の電気使用量や太陽光発電の発電状況、電力会社への売電状況などを、まとめてモニターできるエネルギー監視システムで賢い省エネ生活をサポートします。

 

保証制度

 

  • 無料点検は2年、10年、20年、30年の点検
  • 無料保証は法律で義務付けられている10年

 

■60年点検システム
建物お引き渡し後60年にわたり、10年ごとに点検を実施し(2年、10年、20年、30年点検は無料)、建物品質・性能の管理をいたします。

■60年保証システム
定期点検の結果、必要な有料メンテナンス工事を実施することにより、基礎と構造躯体を最長で60年間保証いたします。

 

 

現在日本では品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の施工により、事業者は瑕疵に対する10年間の住宅瑕疵担保責任を負っているので10年は構造躯体と雨水の侵入を防止する部分について保証されます。
 

まとめ

 

屋根断熱の高気密高断熱での全館空調システムと太陽光発電システムの省エネ住宅
 
構造については
  • 面でもたせる工法で耐震性を確保
  • 構造材に使用される木材は強度があり品質がよい
防火性能
  • 木材の炭化により燃えるのに時間がかかる性質を利用
  • モルタル下地の外壁での防火対策
断熱性・省エネについて
  • 屋根断熱で家全体を断熱
  • 太陽光発電システムと全館空調システムの併用で省エネ
  • アルミクラッド樹脂サッシは枠材に断熱性があり結露対策

 

屋根断熱で家全体を高気密高断熱し全館空調システムと太陽光発電システムで省エネを図ります。三井ホームは、屋根断熱と全館空調システムが大きなポイントだと思います。
 
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました