ハウスメーカー選びに重要な5つのポイント! ミサワホーム 編

ハウスメーカー

ミサワホームの工法、防火性能、断熱性能、

省エネ、保証制度のまとめ

 

 

ミサワホームの耐震性と耐久性、防火性能、断熱性能、省エネ、保証制度についての5つのポイントについて、プロが第三者の目線でパンフレットやホームページの内容を中心にまとめました。
 
 
 
 

耐震性と耐久性 2つの工法

 

  • 木質パネル接着工法と木造軸組工法の2種類がある
  • 耐力壁は合板による面で耐震する構造

 

木質系パネル住宅

 

木質パネル接着工法

 

木質パネル接着工法は、木質パネル同士を強固に面接合し、一体の箱型を構成するミサワホーム独自の工法です。

 

引用:ミサワホーム公式ホームページ

 

 

すぐれた耐力壁である木質パネル同士を、高分子接着剤やスクリュー釘、接合金物によって強固に面接合し、床面・壁面・屋根面からなる6面体を形成する、独自開発の木質パネル接着工法を採用しています。

 

外力が構造の一点に集中せず、建物の“面”全体に分散してバランスよく受け止めることで高い強度を実現する壁式構造の建物です。

 

高い断熱性・気密性による快適性能や省エネ性能などを、木質パネル接着工法によって実現しています。

 

工場で生産された高品質・高精度の木質パネル同士を面接合することで、どの方向から荷重がかかっても全体に分散して受け止めるため、部分的なひずみやくるいが生じにくいです。
 
木質パネル

 

壁パネル、小屋パネル、1階床パネル、2階床パネル、屋根パネルの5種類の木質パネルから構成されます。

 

木質パネルは、天候や作業者の技量に左右される可能性が高い現場施工ではなく、高品質で安定した性能を実現できる工場で邸ごとに生産します。

 

パネル芯材には、人工乾燥で含水率を15%以下とし、反り・ひび割れなどの発生を極力抑えた高品質な木材を使用しています。

 

パネル材が工場で加工されるので、効率的な作業ができて品質が安定しています。

 

制震装置「 MエムGEOジオ 」

 

壁の内部に複合テコ原理を応用した独自の変位拡大機構と、高減衰ゴムをセットした制震ダンパーを組み合わせた構造でできています。

 

建物にかかる地震の力をテコの原理で増幅し、効果的に制震ダンパーに伝えることで、建物全体の変形を抑える仕組みです。

 

木造軸組住宅

 

木造軸組工法

 

高品質の構造用集成材を、強度の高いメタルジョイントで接合した軸組で構造を支える工法です。

 

引用:ミサワホーム公式ホームページ

 

構造材は集成材

 

性能と品質を最優先し、構造材に集成材を採用しています。

 

ラミナで構成される構造用集成材は、厳格な生産管理のもとでつくられる工業製品です。

 

集成材は複数のラミナを接着剤で接着させたものなので、接着材の対応年数が構造材の対応年数といえます。

 

接合は金物接合

 

主要構造部に接合金物とドリフトピンで高精度に緊結するジョイントを採用しています。

 

柱と梁の接合では、部材の加工から金物の取り付けまで工場で実施します。

 

現場では、柱の金物に合わせてスリットを入れた梁を落とし込み、ピンを打ち込めば完了です。

 

現場での作業を極力少なくすることで、くるいの少ない建物を短工期で建設できます。

 

金物接合することで、構造材の架構や組立が容易にできるようになり、職人の技量に左右されずに施工ができます。

 

耐力壁に構造合板を採用

 

構造用合板を用いて外壁、床、屋根部に強固な“面”を構成し、バランスよく耐力壁を配置します。

 

接合部にはメタルジョイントを採用した、地震などの力が接合部に集中しない一体構造です。

 

1階・2階の床材に24mm厚の構造用合板を使用することで、地震の際に建物に歪みやねじれによる変形に対抗します。

 

外壁、床、屋根に構造合板を使用することで、地震が発生した際に水平荷重を建物全体の“面”で受け止め、バランスよく分散できます。
 
制震装置「MGEO-N」

 

MGEO-Nは、テコの原理を応用して、センターパネルが地震の力を効果的に制震ダンパーに伝達し、高減衰ゴムによって、地震エネルギーを熱エネルギーに変換・吸収し、揺れを抑えます。

 

開口部を耐力壁にする 開口フレーム

 

開口部に取り付けることで偏心距離が小さくなり、ねじれを抑える木製フレームで木造住宅でかつてない大開口・大空間と高耐震性の両立を可能にします。

 

防火性能

 

外壁が防火構造

 

隣家が出火した場合、3m離れていても約840℃の熱にさらされることになりますが、ミサワホームは防火構造の外壁や軒天、不燃の屋根材や外装仕上げ材が標準仕様です。

 

近隣からのもらい火にも強い住まいで、都市部などの準防火地域に対応する「準耐火構造」への仕様変更も容易に可能です。

 

断熱性能 2つの工法

 

断熱材は不燃性の物を使用
 

木質系パネル住宅

 

品質管理の行き届いた工場で高精度に生産される木質パネルの断熱材には、軽量で、裁断しても崩れない不燃材であるグラスウールを使用し、工場生産の段階でパネル内部にムラなく充填されます。

 

木質パネル外側に外気と通気のある通気層を設けているため、外壁材裏面の温度はパネルに直接伝わらず、室内への熱の影響を最小限に抑えます。

 

1階床の裏面は現場施工での高断熱・高気密化が難しい部位であり、断熱欠損や気密欠損への対策が重要です。

 

ミサワホームでは、工場生産により断熱材をムラなく充填し、接合部分を高分子接着剤とスクリュー釘で強固に接合することにより、断熱・気密性能を高めています。

 

天井断熱にはグラスウールに比べ重量があり不燃材であるロックウールを使用しています。

 

屋根パネル自体に遮熱層を設け、断熱・遮熱の二重構造で、日射熱や冷気の影響を抑えます。

 

窓には、高断熱樹脂サッシ(Low-Eトリプルガラス)を採用

 

木造軸組住宅

 

天井、外壁、床の断熱材として高品質・高性能のグラスウールを採用しています。

 

グラスウールとは、リサイクルガラスを繊維化して、綿状に接着し固めたもので、細い繊維が複雑に絡み合っており、繊維と繊維の間に動きにくい空気層を構成して断熱します。

 

ガラスを主原料としているため燃えることがなく、高い耐火性能を備えています。

 

省エネ

 

「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」に「調エネ」をプラスした、先進の住まい。

 

ミサワホームでは、高効率な太陽電池モジュールを採用した太陽光発電システムの発電による「創エネ」、日中に発電した電気を蓄電池に貯めて夜間などに活用する「蓄エネ」、木質パネル接着工法の高断熱設計や、自然本来の快適さを住まいに取り入れる微気候デザインなどによる「省エネ」の住まいを実現しています。

 

「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」に、独自に開発したHEMSサービスを組み合わせて利用することで、生活エネルギーを身近に感じながらコントロールできる「調エネ」を提案しています。

 

エネルギーを“つくる”“ためる”“つかう”にプラスして、生活エネルギーが“みえる”、人と人がエネルギーを通して“つながる”、時代の一歩先を見据えた安心で快適な住まいづくりを推進しています。

 

保証制度

 

構法によって初期保証に違いがある

 

木質系パネル住宅

構造体の初期保証 35年

防水 30年

白蟻 10年

定期点検サービス 30年目までは無償

 

木造軸組住宅

構造体の初期保証 10年

防水 10年

白蟻 10年

定期点検サービス 30年目までは無償

 

 

現在日本では品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の施工により、事業者は瑕疵に対する10年間の住宅瑕疵担保責任を負っているので10年は構造躯体と雨水の侵入を防止する部分について保証されます。
 

まとめ

 

木質系パネル住宅は初期保証が長い

 
 
構造については
  • 木質パネル接着工法と木造軸組工法
防火性能
  • 不燃材を使用

断熱性能

  • 工法によって違いがある
保証制度について
  • 木質系パネル住宅は初期保証が長い

 

木質系パネル住宅は初期保証が長いという安心感がミサワホームを選ぶべきポイントになると思います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました