建築に関する法規・制度・保険のことがバッチリわかるまとめ

法規・制度・保険

建築に関する法規・制度・保険のことがバッチリわかるまとめ

 

建築にかんする法律(建築基準法・都市計画法)や消費者保護のための法(住宅品質確保促進法)や長期優良住宅・住宅性能評価などの各種制度や住宅瑕疵担保責任保険などの保証制度についての記事をまとめました。

 

家を建てる時に知っておきたい知識が、バッチリわかる記事のまとめ

都市計画法施行規則第60条(適合証明)について解説

 

都市計画法施行規則第60条(適合証明)について解説
都市計画法施行規則第60条(適合証明)について解説します。

 

【住宅品質確保促進法】欠陥住宅から消費者を守る法律が制定された目的

 

【住宅品質確保促進法】欠陥住宅から消費者を守る法律が制定された目的
住宅品質確保促進法についての解説と住宅品質確保促進法で住宅の品質確保の促進、住宅購入者等の利益の保護、住宅に係る紛争の迅速かつ適正な解決のために制定された住宅性能表示制度、瑕か疵し担保責任、住宅紛争処理制度について解説します。

 

長期優良住宅とは何か?メリット・デメリットわかりやすく解説

 

長期優良住宅とは何か?メリット・デメリットわかりやすく解説
長期優良住宅とは、長期にわたって良い状態で使用するための建物の性能や維持管理の計画について定める認定基準を満たした住宅です。 長期優良住宅に認定されるためには9つの条件をクリアしなければなりません。また長期優良住宅に認定されるメリットとデメリットを解説します。

 

住宅性能評価とは何か?メリット・デメリットをわかりやすく解説

 

住宅性能評価とは何か?メリット・デメリットをわかりやすく解説
住宅性能評価とは何か?設計住宅性能評価書と建設住宅性能評価書についての説明。住宅性能評価の10の評価項目と4つの必須評価項目について、5つのメリットと1つのデメリットについて解説します。

 

開発許可制度とは何か?開発行為の目的と都市計画の規制対象規模

 

開発許可制度とは何か?開発行為の目的と都市計画の規制対象規模
開発行為をしようとする者は、あらかじめ、国土交通省令で定めるところにより、都道府県知事等の許可を受けなければなりません。 開発行為とは何か?その目的や対象や都市計画の各区域の規制対象規模について解説します。

 

欠陥住宅は品確法によって住宅瑕疵担保責任保険で10年補償される。

 

欠陥住宅は品確法によって住宅瑕疵担保責任保険で10年補償される。
品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)によって、事業者には住宅瑕疵担保責任保険への加入が義務付けられ、新築住宅に欠陥があっても10年は住宅瑕疵担保責任保険で補償されます。 住宅瑕疵担保責任保険について解説します。

 

確認申請が必要な建物とは!確認申請の流れと内容をわかりやすく解説!

 

確認申請が必要な建物とは!確認申請の流れと内容をわかりやすく解説!
確認申請とは、建物を建てる時に、建築物が建築基準法など法律の違反していないか検査期間に検査してもらうことです。都市計画区域、若しくは準都市計画区域内における建築物は確認申請が必要になります。確認申請が必要な建物とは!確認申請の流れと内容をわかりやすく解説します。

 

都市計画区域の市街化区域と市街化調整地域とは?用途地域とは何か?

 

都市計画区域の市街化区域と市街化調整地域とは?用途地域とは何か?
都市計画区域、都市計画区域外、準都市計画区域の違いについて! 市街化地域と市街化調整地域の違いについて! 用途地域とは何か! 都市計画のことを解説します。

 

市街化調整区域・接道義務違反・土砂災害特別警戒区域では家が建てれない

 

市街化調整区域・接道義務違反・土砂災害特別警戒区域では家が建てれない
都市計画、接道義務により家が建てれない場所が存在します。 また土砂災害特別警戒区域は家が建てれなかったり厳しい制限を受ける場合があります。 土地購入前に気をつける点について説明します。

 

【現場監督】施工管理や一級建築士試験の試験に役立つ知識のまとめ

家を建てる時に知っておきたい知識が、バッチリわかる記事のまとめ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました