都市計画法施行規則第60条(適合証明)について解説

法規・制度・保険

都市計画法施行規則第60条(適合証明)について解説します。

 

60条証明とは

 

都市計画法施行規則第60条(適合証明)に規定されている手続きのことです。

 

建築確認済証を交付する者(建築主事または民間審査機関)が、当該計画が都市計画法上にをいて問題ないことを確認するために、建築確認の申請者に60条証明を要求します。

 

建築確認申請をしようとする者は、その計画が都市計画法の諸規定に適合していることを証明する書面を、自治体などの行政機関に求めることができます。

 

都市計画法施行規則第60条(適合証明)とは

これから建築物を建築しようとする計画が、都市計画法の開発許可または建築許可を要しない計画に適合していることを証明する書面です。

 

 

開発許可制度!開発行為の目的と都市計画の規制対象規模について解説
開発行為をしようとする者は、あらかじめ、国土交通省令で定めるところにより、都道府県知事等の許可を受けなければなりません。 開発行為とは何か?その目的や対象や都市計画の各区域の規制対象規模について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました