コンクリート工事

コンクリート工事

よくわからない工事用語!コンクリート工事について解説します。

コンクリート工事の解説のなかでもよく専門用語が出てくることで理解しにくいことが多いので解説します。
コンクリート工事

コンクリートは打設してから強度が出るまでの間は養生が必要!

コンクリートは、主要材料であるセメントの水和反応により強度が発現して硬化します。 温度条件や乾燥による水分の不足によって十分な反応が行われず、強度が期待するほど発現しないことがあります。 コンクリート打ち込み後、養生マットまたは水密シートにより被覆、散水、噴霧養生などによる湿潤養生を行います。
コンクリート工事

コンクリート工事の打ち込み方法、品質管理、打設の注意点を解説

コンクリート工事についてポンプ車やシュートによる打ち込み方法、コンクリートの外気温の打ち込み時間、コンクリートの打設の打ち込み、締固め、打ち継ぎについて解説します。
コンクリート工事

PC工法とは?プレキャストコンクリートとプレストレストコンクリートの違い解説!

プレキャストコンクリートとプレストレストコンクリートの違いについて両方ともPC工法と表現する場合があり非常に紛らわしいので解説します。
コンクリート工事

緊張力与えて引張力を高めてひび割れ抑制!プレストレストコンクリート

プレストレストコンクリートについての解説とプレストレストコンクリート製造方法のプレテンション方式とポストテンション方式について解説します。
コンクリート工事

気候や打設量や建物の用途によって適切なコンクリートの種類

コンクリートのいくつかの種類があり、打設時の気候や打設量や建物の用途の分類によって複数の種類があります。 コンクリートの種類を解説します。
コンクリート工事

一級建築士の建築知識 簡単解説!生コンクリート検査

一級建築士の建築知識 簡単解説!生コンクリート検査 生コンの品質が要求を満たした性能を保有しているかどうかを確かめるため検査が必要です。 生コンは出荷してから28日ほどたたなければ強度が確認できず仮に品質に問題がある...
コンクリート工事

生コン試験の内容ついて!5つの基準を満たして品質が確保

生コンの試験には主にスランプ試験、空気量試験、塩化物量試験、コンクリート温度、圧縮強度試験がありそれぞれが基準を満たすことで配合強度にあった品質が確保できます。 試験の内容について解説します。
コンクリート工事

コンクリートの性質に影響するセメントの種類について4つ解説

セメントの種類は大きく分けて、ポルトランドセメント、混合セメント、エコセメント、特殊セメントの4種類があります。 セメントは使われる環境や用途によって使い分けられ、コンクリートの性質に影響します。
コンクリート工事

生コンの配合で強度や品質施工性が大きく変わるのでとても重要

建築や土木の構造物の種類によって適した生コンの配合を使用します。 生コンの配合についての説明と配合に大きく関わる、呼び強度、スランプ、粗骨材の最大寸法、水セメント比について解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました