内装材

内装材

家づくりに使われる内装ボード材2種類と仕上げ材5種類をまとめました

一般的な住宅で取り入れられる内壁のボード材はほとんど石膏ボードが使用され軒裏部分などにはケイカル板が使用されます、仕上げ材はほとんどがクロス(壁紙)ですが、その他の塗壁、木質系、タイル、パネル材など多種多様な素材があります。
内装材

温もりのある木材系の内装壁材!羽目板のメリットとデメリットを解説

木材系の壁や天井や腰壁では羽目板が使用されることが多いです。 羽目板とは、壁や天井に張るための板で、パネル式に連続して張ることができるようにつなぎ目に加工が施されています。
内装材

ケイカル板のメリットとデメリット!ケイカル板と化粧ケイカルを解説

ケイカル板は建物の内装や外装に使われる建築材料のひとつで外壁の軒天、キッチンパネル、トイレの壁や天井によく使用されています。
内装材

キッチンパネルに使われる不燃化粧板(セラール)メリットとデメリット

セラールとはAICAの不燃化粧板の商品名で非常に高価なので住宅ではキッチンパネルのように部分的に使用されますが、ホテルや病院や商業施設など高級感や清潔感のある空間にしたいとき壁材として使用します。
内装材

内装材でも使えるるタイルの素地質の種類とメリットとデメリット解説

タイルは耐候性、防火性、防水性に優れた仕上げ材で酸やアルカリなど薬品にも強く、耐摩耗性もあり、メンテナンスも楽な建材です。 デザインバリエーションも豊富でさまざまなデザインが可能で近年化学の発達からさまざまな機能を持たせたタイルも販売されています。
内装材

家づくりに必要な住宅に使われる5種類の床材についてのまとめました。

住宅に使われる床材として多いのが、フローリング、タイル、畳、カーペット、クッションフロアです。 各室の用途や使い勝手など考慮して生活する上での快適性や掃除やメンテナンスのしやすさなどを知ったうえで床材を選ぶことが大切です。
内装材

畳の種類とイグサや畳床の種類とメリットとデメリット解説

畳は、昔からある馴染みのある床材で、畳床に昔ながらの稲わらを用いた本畳のほか、畳床にポリスチレンフォーム板などの断熱材を用いたものなどもあります。 畳表にイグサを使用するのですが最近は和紙、麻を用いた商品なども増えカラーバリエーションも揃っていて畳縁のない正方形のタイプなどモダンな空間の演出もできます。
内装材

耐久性、耐水性が高く、重厚感のあるタイルのメリットとデメリット

タイルの重厚感や高級感が空間の雰囲気の印象を良くしてくれるので玄関などお客さんが必ず目する場所でよく使われ、リビングやキッチンなどの生活空間にタイルの床を使用すると個性的でオシャレな空間を演出できます。 汚れも付きにくく掃除も簡単でメンテナンス性が非常によいです。
内装材

水回りに使われるビニル系床材の4種類の材料とメリットとデメリット

ビニル系の床材について住宅ではトイレ、脱衣所、キッチンなど水回りの掃除がしやすい場所でよく使用されます。 ビニル系床材についてもさまざまな種類があるので特徴を理解して床材選びに役立てましょう。
内装材

床材の無垢材と複合フローリングの違い!メリットとデメリットを解説

フローリングは現在ほとんどの住宅に使用されている床材です。 フローリングを選ぶにあたってフローリングの種類を理解して選択することが大切です。 木質フローリングは大きく分けて、無垢材と複合フローリングに分けられます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました